どうすればネイリストになれるの?ネイル専門学校が一番の近道

coffe.org

ネイル専門学校と通信教育どっちがおすすめ?比較してみた

ネイリストになるためには

ネイリストは、指先を美しく見せるネイルアートを行う仕事です。近年需要が高まり、ネイルサロンを至る所で目にするようになりました。ネイリストになるためには、どのような資格や技術が必要になるのか、この記事で解説していきます。ここからは、ネイルの資格にはどのようなものがあるのか確認していきましょう。

ネイルの資格

JNECネイリスト技能検定試験

JNECが開催しているネイリスト技能検定試験ですが、現在取得可能な資格の中で、最もポピュラーな検定といってもいいでしょう。一年に約6万人もの人がこの検定試験を受けていると言われています。それほど有名な検定なので、ネイルサロンの募集要項にJNECの検定を必須としているところもあります。

JNAジェルネイル技能検定試験

最近定番となってきたジェルネイルの技能を測る検定になっています。ネイルサロンでは必ずと言っていいほどジェルネイルメニューがあるので、持っておくことで、自分のスキルをアピールできるでしょう。検定の難易度は初級・中級・上級という3つに分けられています。

ネイルスペシャリスト技能検定試験

ネイルスペシャリスト技能検定試験は、名前だけ聞くと難易度が高そうに感じますが、初心者や学生向けの試験もあります。ほかにも技術力の高いスペシャリストを対象とした試験もあります。

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士は、講習会を受講した後に行われる確認テストに合格することで、取得することができます。JNAが認定するネイルサロンには、このネイルサロン衛生管理士を持った人が一人はいます。衛生管理自主基準を広めるために行われています。

どうすればネイリストになれるの?ネイル専門学校が一番の近道

マニキュア

ネイルスクールへ通う

ネイリストになるためには、技術を磨いて資格を取ることが近道になりますが、専門学校やスクールで技術と知識の両方を学ぶことができます。スクールへ通うお金と時間が必要になりますが、確実にネイリストとしての実力を磨いていくことができるでしょう。スクールでは試験対策なども行ってくれるので、資格に合格しやすいと言えるでしょう。

通信教育で学ぶ

ネイルに関する知識は、通信教育でも学ぶことができます。スクールではまとまった時間が取られてしまいますが、通信教育なら自分が空いた時間に勉強することができます。スクールに比べて費用も安くなりますが、その分自分で学ばなければいけません。教材などにより実技を行うことも可能です。

現場で学ぶ

未経験者でも働くことのできるネイルサロンで、働きながらネイルに関する知識や技術を学ぶことができます。業務に関することは学ぶことができますが、それ以外のことは自分で学ばないといけないので、検定は二の次になってしまいがちです。また、未経験可の求人自体が少ないので、探すのも大変でしょう。

ネイル専門学校卒業生の声

検定対策が役立った

1年制のネイル専門学校へ通っていました。先生も優しく丁寧に指導してくれたので、学びやすかったです。それと検定対策で間違ってしまったところを詳しく説明してくれたので、知識がとても深まりました。

第一線で活躍する講師陣

私が通っていたネイル専門学校は、ネイルサロンを経営しているネイリストが講師をしてくれていました。なので、第一線で活躍する講師の知識や技術を身に付けられたと思います。おかげで検定にも合格し、就職までできました。

広告募集中