コーヒーのスペシャリスト

コーヒーに関する知識を身に付けるためには、バリスタとして働きながら学ぶことができます。ですが、コーヒースクールに通って学ぶこともできます。コーヒースクールは資格取得を目指したカリキュラムを設定していることが多いです。資格の中でも有名なJBAバリスタライセンスを取るためには、どのような知識が必要になるのか見ていきましょう。

JBAバリスタライセンスに必要な知識

  • エスプレッソマシンの扱い方
  • エスプレッソの抽出理論
  • オーダーから提出までの流れ

コーヒーの資格を取ろうか迷っている方必見!おすすめの資格とは?

コーヒー

コーヒースクールに通うメリット

コーヒースクールには、プロが使用しているような本格仕様のマシンが揃っています。また、最新の設備も整っているので、最高の環境で学ぶことができます。現場に近いような環境で学びたい方に最適といえるでしょう。

卒業した後の道

コーヒースクールを卒業することで、一流のバリスタとして働くことができるでしょう。また、ラテアートなどパフォーマンスに関する技術を学ぶこともできます。おいしいコーヒーを淹れるだけでなく、パフォーマンスもできるオールラウンダーなバリスタになることができるでしょう。

バリスタに人気の資格ランキング

no.1

コーヒーマイスター

コーヒーマイスターは養成講座で十分な知識をつけた上で、実技講習を行います。その後に行われる認定試験を合格することで、得られる資格となっています。取得するまでが大変ではありますが、一人前のバリスタとして証明するのに十分な知名度を持っている資格です。

no.2

JBA認定 バリスタライセンス

日本バリスタ検定が認定している資格で、専門学校などでもカリキュラムに入っている資格です。受験するためには、カフェで1年以上バリスタとして働いていた、もしくはJBAが認定している学校のカリキュラムを習得した人間でなければいけません。すぐに受験することができないということを知っておきましょう。こちらは、コーヒーの淹れ方に関することを学ぶことができる資格になっています。

no.3

コーヒーインストラクター検定

バリスタが取得する検定の中でも特にレベルが高いと言われているのが、このコーヒーインストラクター検定です。1級と2級は合格率が高くなっていますが、最も難易度の高いコーヒー鑑定士は、合格率が5%以下と難関になっています。コーヒーを淹れる技術よりは、コーヒーに関する知識を突き詰めた検定となっています。

no.4

コーヒーコーディネーター

通信教育などで取得することのできる資格になります。他の資格に比べると難易度は優しく設定されています。コーヒー全般に関する知識が問われる資格となっています。持っているとコーヒーショップなどで採用してもらいやすくなるでしょう。

no.5

Qグレーダー

コーヒーマイスターと同じ協会が主催している資格です。コーヒーマイスターは、どちらかというとコーヒーの抽出やその他の広い知識が必要になるのに対して、Qグレーダーはテイスティングやカッピングに特化した知識が必要になります。Qグレーダーを持っていることで、コーヒーの味を正しく評価することができるでしょう。

広告募集中